七五三の由来

七五三の由来について

七五三写真

日本の文化の一つの七五三。七五三はお子様の成長をお祝いする行事です。ただ意外に七五三がどうやってはじまったのか、どんな意味があるのか、詳しく知らない方も多いと思います。ここでは七五三の由来や、七五三の意味についてご紹介させていただきます。

平安時代の儀式がはじまり

今の時代とは違って、昔は医療技術や体制で、お子さまが亡くなってしまってしまう確率が高かったそうです。そのため、お子様が三歳や五歳、七歳と大きく成長してくれることが今よりもとても貴重で喜ばしいものでした。そのような時代背景があったので、当時の方は、【お子さまの成長】をお祝いしつつ、またその後の【長寿、幸福】を祈願しました。そのような行事が七五三の始まりです。

三歳、五歳、七歳にはそれぞれに固有の意味があります。

三歳は【髪置き】

【髪置き】の儀式は、数え年の三歳になるお子様に、男女不揃いだった髪の毛を、男の子は髪を結うために伸ばし、女の子は髪をきちんと伸ばすために整えるものとされているます。

五歳は【袴儀】

【袴儀】は、数えの五歳になるお子様(男の子)が行う儀式で、平安時代に正装だったとされる、紋付と袴を身に着ける行事です。大人への仲間入りをする儀式だったと言われています。

七歳は【帯解き】

【帯解き】は子どもの付け紐をとって、初めて帯を結ぶ儀式です。七歳より前までは、簡単に紐で結んで着物を着ていました。【帯解き】は【袴儀】と同じで、大人への仲間入りをする儀式だと言われています。

現代では、三歳、五歳、七歳、という時期が、発育するうえで病気にもなりやすくなる時期でもあるので、健やかな成長を氏神様にお祈りするといった、【お子様を思う親御様の愛情表現としての儀式・行事】の意味合いが強くなっています。

七五三では何する?

七五三では大きく分けて行うことが、【ご祈祷】・【ご家族様との食事】・【写真撮影】 の三つがあります。

ご祈祷・参拝

11月15日が七五三の日とされています。この11月15日に、近くの神社にご祈祷・参拝に行きます。お子様が今まで無事成長をしてくれたことへの感謝と、これからの健康を祈願します。七五三の祈祷には祈祷料(初穂料)が必要になります。神社によって若干の違いはありますが、5000円~10000円以内が相場です。神社は近くの神社に行くのが基本ではありますが、特に決まりはありません。勿論地元で有名な神社に行くことも問題ありません。お子様がお着物を着る場合は、意外と負担になってしまうので、お子様の体力も考慮して移動時間を考えることをおススメします。

七五三の日が11月15日ですが必ずその日に祈祷しなくても問題ありません。大きい神社や神宮では、一年中七五三のご祈祷を受付ているところもあります。多くの神社では9月~11月の終わり頃まで七五三のご祈祷をしています。

家族との食事

ご祈祷が終わると、皆でお食事をします。その時は、両家のおじいちゃん、おばあちゃんも揃って盛大に行う方もいます。

写真撮影

七五三の記念には写真撮影も行います。この時期に初めてフォトスタジオに行く方も少なくありません。七五三の写真撮影は、七五三のご祈祷日に合わせて当日済ませるパターンや、誕生日などに合わせていくパターン、お子様が少し大きくなってお着物を嫌がらない年齢になってから撮影するパターンなど、色々な撮影のタイミングがあります。

このように、七五三はお子様の健康・成長を神様に祈願する行事です。本番が近づく前にしっかりと準備をすることをおすすめします。

七五三撮影ギャラリー

撮影予約

七五三の撮影のご予約、お申込みは、ご予約ページより承っております。

ノーブレム公式HP七五三コラム

ノーブレムの公式HPでも七五三撮影についてのコラムをご紹介させて頂いています。是非ご覧ください。

電話をかける