七五三の祈祷について

七五三の祈祷の流れについて

七五三の家族写真

こちらのページでは七五三のご祈祷について詳しくご紹介させて頂きます。

当日までの準備

祈祷する神社を決めよう

まずは七五三のご祈祷をする神社を決めましょう。

有名な神社でご祈祷することもいいですが、お着物を着ているお子様の体力なども考慮してなるべく、移動時間には気を付けましょう。

愛知県内、名古屋市内には七五三のご祈祷ができる神社がたくさんあります。

愛知・名古屋で七五三参りのできる神社】でも紹介していますので、是非参考にしてみてください。

祈祷の予約をしよう

七五三の祈祷に行く神社が決まったら、次は祈祷の予約。

神社によっても違いますが、七五三の祈祷をする場合、予約が必要な神社があります。

行けばすぐに祈祷をしてくれるわけではありません。

予約をきちんとしていかないと、祈祷するまでにかなり待ってしまったり、最悪の場合は祈祷が受けれない場合もあります。

特に11月の七五三シーズンになると祈祷のために神社も大変混みあいます。希望の日があるようであれば早めに祈祷の予約をしましょう。

祈祷の予約ができない神社も稀にあるので、HPで確認してみましょう。

初穂料を準備しよう

七五三の祈祷を受ける場合、謝礼として、初穂料をお納めします。

初穂料は玉串料とも呼ばれますが、言い方が異なるだけで、内容は違います。

初穂料は、神社によって違いがありますが、だいたいは5000円~、高くても10000円くらいの間です。初穂料も、参拝に行く神社のHPに記載されていますので必ず確認しましょう。

できればのし袋をきちんと用意します。のし袋の表面、真ん中に【初穂料】と記載し、下の真ん中部分に、祈祷を受けるお子様の名前を記載します。初穂料は当日の祈祷の受付場で渡すのか一般的です。

当日の参拝マナー

七五三のご祈祷時間はだいたい15分ほどです。そこまで時間はかかりませんが、念のため神社での参拝ルールも覚えておきましょう。

一礼をしてから鳥居をくぐる

神社には必ず鳥居がありますが、鳥居より先は神聖な場所です。鳥居をくぐるときは一礼して境内に入っていくのがマナーです。できればきちんと一礼をして入場しましょう。

参道を歩くときは中央をさけて

参道の真ん中は神様が通る道とされているので、参道を通るときは左右どちらかの道を歩きましょう。

手水舎で清める

手水では手を洗い、口をすすぎます。手水にも作法があるので覚えておきましょう。

  1. 右手で柄杓を持ち、左手を清める。
  2. 柄杓を左手で持ち替えて、右手を清める。
  3. 再び右手で柄杓を持ち、左手で水をくみ、口をすすぐ。この時に絶対に柄杓に口をつけないこと。
  4. 最後に左手をもう一度清めます。
  5. 残った水で、柄杓の柄を洗って清めたら、柄杓をもとの位置に戻します。

以上が手水での作法です。

神社での参拝方法

神社での参拝方法は若干地域や場所ごとに違いはありますが、【二礼二拍手一礼】が基本とされています。二度深くお辞儀をしたあとに、二度拍手をし、最後にもう一度深くお辞儀をします。

以上が、七五三のご祈祷を考えている方が知っていた方がよい内容です。是非参考にしてみてください。

七五三撮影ギャラリー

撮影予約

七五三の撮影のご予約、お申込みは、ご予約ページより承っております。

ノーブレム公式HP七五三コラム

ノーブレムの公式HPでも七五三撮影についてのコラムをご紹介させて頂いています。是非ご覧ください。

電話をかける